なた豆茶 効果

なた豆茶の具体的な効果効能は?

副鼻腔炎 なた豆茶

 

なた豆茶には有効成分であるウレアーゼや
カナバニン、コンカナバリンAという作用があり、
これらがなた豆特有の優れた効果をもたらしてくれます。

 

これらが不規則な生活やストレス、加齢によって
不調になりがちな毎日に効果を発揮してくれます。

 

具体的にいうと排膿作用、肝機能や腎臓の機能アップ、免疫力の
向上によるガン予防や血圧を下げるといった作用に優れています。

 

まずは排膿作用があるのがカナバニンという成分です。
体の中に膿がたまる病気でいえば蓄膿症や歯槽膿漏など
鼻や口内に起きりやすいトラブルがあげられます。

 

最近ではなた豆を使用した歯磨きなども売られていますが、
口臭にも効果的なのがなた豆茶の特長です。

 

口の中がネバネバしたり、鼻がぐずぐずする症状は
毎日だと辛いですから、なた豆茶でさっぱりとさせられます。

 

次にコンカナバリンAという成分は免疫力を上げたり、血行を
促進する、そして老化した傷んだ細胞の修繕に優れた効果を得られます。
特にがん細胞の増殖を抑えたり、血行促進させることによっ
て体の新陳代謝を活性化させてくれます。

 

それによって免疫力も上がるので、
冷え性や体の中に老廃物を溜めやすい体質にも効果的です。

 

そしてウレアーゼですが、こちらは体の
ろ過装置である腎臓の機能を改善してくれる作用があります。
腎臓がうまく働けば、おのずと肝臓機能もアップするので疲労体質を改善してくれます。

 

有効成分にはこれだけ優れた効果を持つなた豆茶ですが、その他にも
水溶性食物繊維が豊富なので、便秘や下痢、また痔の改善も期待できます。

 

またむくみを改善するのでダイエットやデトックスといった
女性に嬉しい効果、ポリフェノールの抗酸化力で美容にも効果的です。

 

このように幅広い効能や効果が期待できるとあって、色々な
体の不調で悩む人にとってピッタリのお茶だということがわかります。

 

残ったお茶で歯磨き後のうがいや、ティーバッグの
残りで鼻うがいをするというアレンジ技もあるくらいです。
飲む以外にも実は色々な使い方もできるので、賢くなた豆茶を利用するのも良いですね。

関連ページ

なた豆茶が副鼻腔炎の改善に有効って本当?
なた豆茶の持つ排膿効果が鼻の病気である副鼻腔炎に効果的だという話を聞きます。しかし本当に飲んで改善するのかどうか、副鼻腔炎や慢性鼻炎で悩んでいる人にとっては気になるところではないでしょうか?なた豆茶のどんな成分に蓄膿症を改善する効果があるのか見ていきましょう。
妊娠中でもなた豆茶は飲んでも大丈夫
なた豆茶で健康な体づくりをしようと考えている女性は多いでしょうが、もし妊娠したらそのまま飲んでも大丈夫なのか気になる人も多いでしょう。また今現在妊娠中で飲みたい、という人にもなた豆茶は安心して飲むことができます。むしろ飲むことで得られるメリットもあるので、おすすめです。
なた豆茶は花粉症にも効果があります
花粉症は今や4割の人が罹患するというメジャーな病気の一つとなっています。なた豆茶は薬ではないので完治するものではありませんが、薬と違いお茶なのでデメリットは一つもありません。なた豆茶を飲むことで一つだけでなく、いくつかの面から花粉症を退治することができます。
なた豆茶ってどんな味がするの?
様々な体の不調に効果的ななた豆茶。しかし美味しくないと、いくら健康に良いと言っても毎日続けられなくなってしまいます。健康食品は継続してこそ効果が期待できるので、味は非常に重要なポイントですね。健康茶の中にはクセがあって飲みにくいというお茶もありますが、なた豆茶はどんな味がするのでしょうか
なた豆茶が口臭に効くのは何故?
なた豆茶特有の成分が口臭にも効果的だと言われています。よくドラッグストアでもなた豆を使用した歯磨き粉が売られているのですが、見たことはありませんか?鼻詰まりだけでなく、口の中の臭いにも良いなた豆茶の理由を解説します。
なた豆茶は一日どれ位飲めばいいの?
なた豆茶を始めたいけど、どれくらいの量を飲まなければならないといった決まりがあるのか気になるところです。また飲んだらすぐに効果が表れるのか、それともじわじわと効果が出てくるのか、期間や効果の表れ方についても知りたいですね。